ミドルシニアが転職で成功するために

エージェントに登録すればすぐに転職できるの?

大企業ミドルシニアの方に多く見られる傾向として、「転職エージェントに登録すればすぐに転職できる」と思っているケースがあります。大企業ミドルシニアは「今まで転職したことがない」という方が殆どです。ですから、はっきり言って転職に不慣れです。転職に不慣れである、ということは、転職に関する情報にも疎く、転職市場についてもあまりよくわかっていないということ。

ですから、「転職エージェントは多くの求人案件を持っているだろうから、その中のどれかをマッチングしてくれて、そのうちいい案件があれば決まるだろう」くらいに思ってしまうのです。

これは非常に安易な思い込みです。
もちろん、エージェントに登録してすぐに決まる方もいます。でもそれは限られた人。某転職サイトで「●月のスカウトメール受信数ランキング」を掲載しているものがありますが、ランキングの上位は大体30代前半から半ばのハイスペック人材が殆ど。あるいは、ミドルシニアでは、突出した経験(例えばCxO)や技術を持っている方。それに該当しないミドルシニアについては、具体的な案件紹介は期待した以上には来ないと思っていたほうがよいでしょう。

採用する企業側が考えるミドルシニア層

採用する企業側が考えるミドルシニア層

大企業ミドルシニアの転職は無理なのか、というと、状況は変わりつつあります。採用難対策、新しい労働力の確保先としてミドルシニアに注目する動きが増えており、ミドルシニア向け案件数は増加傾向にあることは事実です。

とはいえ、まだハードルが高いのが現実です。一番の理由は、採用する企業側の傾向として、ミドルシニアの採用に慎重な声が依然として多いからです。特に、中堅・中小企業の本音の部分では、「人材不足で困っているのは確かだけど、大企業の人は、能力は高い割にはフットワークが悪くて」「大企業とは働き方が違うので、うちの会社の人材としては使いづらそうだし、社風に合わない」といった先入観を持っているところがたくさんあります。

中には実際にミドルシニアを採用したものの、社内でうまく活躍するに至らず、「うちはもう大企業の人は採らないよ」と懲りてしまっている企業もあります。今はミドルシニアの採用に関しては「転換期」です。転換期ですから、市場は流動的であり、求人数は安定しません。しかも大手エージェントの転職市場にはまだまだ出づらいです。なぜなら、大手エージェントのターゲットは、やはりその殆どが転職黄金期の20代後半~32歳くらいまでだから。

エージェントだけに頼らず自ら動くことが転職成功への近道

職を求める大企業ミドルシニア側には、中小・中堅で働くことにおいて、これまでの働き方の価値観を変える必要があります。採用する企業側も、先に述べたようにミドルシニアを社内で活用することには、いまだ試行錯誤しています。なので、それぞれの隔たりが埋まるにはもう少し時間がかかるかもしれません。今、大企業にいて、ミドルシニアになってこれから初めて転職をしようという方。まずは転職市場やミドルシニアの現状について、あらゆる手段を使ってよく情報を仕入れましょう。

自分で調べる、担当のコンサルタントをうまく使う、実際に転職フェアやマッチングイベントに参加するなど、手段はたくさんあります。転職は情報量が成否を左右しますから、より多くの情報を得ることが成功への近道と言えるでしょう。最後にもう一度言います。エージェントに登録するだけでは、転職は成功しません。

「待ち」の姿勢ではなく、自ら積極的に動いて、より多くの情報が入ってくるよう、常にアンテナを張っておきましょう。そうすれば、一般には出回りにくい、いい情報が入ってくるかもしれません。有能なミドルシニアを求めている企業は潜在的にはたくさんありますから。

 

転職すると年収って上がるの?

転職すると年収って上がるの?

よくエージェントサイトや転職サイトの広告などで、「年収1000万円以上を狙える」とか「あなたの適正年収を診断します」といった謳い文句があります。そのような文言をみると、転職すると、今より年収が上がるのかなと期待してしまいますよね。

では答え。それは、「上がる人もいるし、下がる人もいる」です。「当たり前じゃないか!バカにしてるのか!」というツッコミの声が聞こえてきそうですが、この背景についてあれこれお話ししてまいります。

年収が上がる人はどんな人?

転職して年収が上がる人は、やはり「高スペック」と呼ばれる人です。企業の採用責任者いわく、「地頭がよく、コミュニケーション能力が高く、これまでに高い実績を上げてきた人。しかし、自己主張が激しいわけではなく、人間的にバランスが取れた魅力ある人」。

このような人は、企業側としてはぜひ欲しい人材ですから、入社してもらうためにはある程度高い報酬を提示してでも採用に結びつけようとします。とあるベンチャー経営者の話として、このようなものがあります。「欲しいと思う人材がいて、でも会社の現状からその人に来てもらえるだけの報酬を示せないために採用を諦めるか。いや、私なら、資金調達をしてでもぜひ採用する。なぜなら、その人が高いパフォーマンスを発揮して会社に利益を還元してくれるならば、そのほうが断然メリットが大きいから」

もう一つ別のパターンとして、同じ仕事であっても会社の規模の違いで給与テーブルに差が要因となるものがあります。これは、いわゆる「就職氷河期」世代の中には、新卒採用時に希望する大企業に入社できなかったものの、中堅・中小企業でしっかりと仕事の実力をつけてきた人が、自分の経験値を活かす形で、今よりも規模の大きいところに転職できれば、例え同じような仕事であっても、給与テーブルの違いにより年収は上がります。他にも、日系企業から外資など、賃金体系の異なる組織に転職するパターンで、このケースはよく見受けられます。

一般的には「転職 = 年収ダウン」

しかし現実的にはよくて現状維持、多くの場合一旦年収は下がる、というのが最も多くみられるケースです。特に、ある程度の規模の企業で働いているミドルシニア人材。例えば、キャリアチェンジをした場合、その仕事についての知識や経験はほとんどゼロに近いわけですから、そこに前職の報酬と同額は出せません。その会社の中では「新人」扱いです。また、経験を活かした転職だとしても、既述の逆パターンもあり、大企業から中小・中堅への転職では給与水準の差によって報酬は下がります。

整理すると以下のようになるのではないでしょうか。

◆今の会社の給与テーブル自体が低く、同じ仕事で他企業に転職することによって報酬が上がる見込みが高い人は、転職をキャリアアップの選択肢として考えてみる
◆これまで仕事において極めて高い実績をあげ、更なる高みを目指していきたい人は、今より高い報酬で転職できる可能性あり
◆今の自分のスキルや実績だと、今より難易度の高い業界や企業でやっていく自信はまだない。であれば、自分に自信をつけられる経験を
◆今の会社で積むか、自己啓発で実力をつけるか、もしくはいったん年収ダウンを覚悟で転職する

年収は転職後の成果に比例する

年収は転職後の成果に比例する

ちなみに、中小・中堅企業はオーナー経営者も多いため、最初の入口の報酬は低いものの、実績を上げれば「経営者の一声」ですぐに報酬に反映させてくれることもあります。また、中堅・中小企業の場合、いいと思って採用した人材でも、入社後にその人が「期待外れ」だったとき、はじめから報酬を高く設定してしまうと、報酬を下げることはなかなかできないので、敢えてスタートを低く抑えて様子を見ることもしばしばあります。

実際に、私自身、以前勤めていた小規模組織で、前職年収の2割ダウンで入社したものの、半年後には前職超えしたということがあります。3年後には前職のほぼ2倍の年収となりました。ですから、年収を上げる転職ができるか否かは、その人が出す成果にかかっていると言えるでしょう。入口の報酬も大事ですが、その後どれだけ上げていけるか、言い方を代えれば「上げていけるだけの実力を持っているか」が成功のカギになりますね。