知命塾で可能性と志向性を確認、業界を越えた転職を実現。
■ 経験豊かな人材を積極的採用〜PH PARIS JAPON(株)

PH PARIS JAPON ㈱(ペーアッシュ パリ ジャポン株式会社)様は、
世界のトップを走るパティスリーブランド「PIERRE HERMÉ PARIS」の日本法人です。実は「PIERRE HERMÉ PARIS」の第一号店は日本、そこから20年の間に日本国内は勿論、フランスから中東、アジアにまたがるブランドに急成長されました。社会人材学舎グループではPH PARIS JAPON㈱様に複数の50代人材をご紹介、採用をいただいています。
日本法人のルデュ・リシャール社長にお話を伺いました。

— 御社からは二人目のご採用をいただきました。ミドル人材を積極的に採用されている理由を教えてください。
 
ピエール・エルメ氏と一緒に3人で日本に第一号店を出してから20年、大きく成長をしてきました。今、日本法人は約200名となっています。私自身もシェフの出身、お菓子を作りながら経営を学びながら、皆で手作りのようにして会社を大きくしてきました。経営や組織づくりという点で、経験が豊かな人材が揃っていたわけではありません。しかし、これから一段と成長していくためには、経営・組織・営業戦略・人材育成などの領域でしっかりとした経験があり、指導力のある人材が必要となってきます。弊社の平均年齢は28歳、若い人材をリードする経験豊かな人材を必要としています。
 
— 当社を通じてご採用いただいた方は、全く違う業界の方々でした。

必ずしも、パティスリー業界に詳しいことが重要なのではありません。その方が持っている力がピエール・エルメ・パリの発展に寄与できるかどうか、私達の経営理念や夢に共感して、苦労を共にしてでも成長しようとする意欲があることの方が大事です。以前、社会人材学舎グループの紹介で採用した方は大手電機メーカー出身で50代後半の方でしたが、その方の持つレベルの高い製造や品質管理に関するスキルが、弊社の生産レベルを引き上げてくれています。

つづきを読む

■ ホテル業界から「ピエール エルメ パリ」へ  Tさん

Tさんは50歳目前、大学卒業後これまでホテル業界で経験を積み重ねてきました。しかし長いキャリアを考えた時に、業界にこだわらないキャリアのステップアップを考えて知命塾に参加されました。
今回、知命塾と当社の職業紹介システムを経て、フランスの高級パティスリーブランド「PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール エルメ パリ)」を日本で展開するPH PARIS JAPON ㈱(ペーアッシュ パリ ジャポン株式会社)の人事担当責任者として転職をされることになりました。

— なぜ知命塾を受講しようと思われたのですか?

これまでのキャリアで経営企画、調達、料飲部門、人事、子会社のマネジメントなど多くの経験を積んできました。会社でもそれなりに期待をされていたようです。しかしまだまだ長い人生、50代を前に自分が本当やりたい仕事、力を発揮できる仕事にステップアップをしたいと考えました。しかし今の社会では、年齢のこともあり普通の転職活動をしていては、仕事は決まらないと思いました。そこで知ったのが知命塾と社会人材コミュニケーションズの職業紹介システムでした。一般的な職業紹介は数打てば当たる方式だと思いますが、ここではプロセスが丁寧です。知命塾では履歴・経歴書の中に埋もれている自分が発揮できる価値、売れる価値と仕事に対する志向性を掘り出していきました。その過程で私のことをよく知った担当者が、私に合うニーズを持った会社としてPH PARIS JAPON ㈱を紹介してくれました。
 
— 知命塾のプログラムはいかがでしたか?

自分の仕事上の強みや価値、そして志向性を確認する「CAN」のワークによって、間違いなく可能性を拡大できました。
自分ひとりだけで考えていたら履歴書経歴書の書き方だけにこだわっていたと思うけれど、それ以前の働く価値観、継続するためには…ということを仲間と一緒に確認しながら確たる物にできたことが良かったです。
仕事の強みを見る「大人のCAN」では過去の経歴ではなく、培った本当の力と深掘り再確認ができました。志向性を観る「CANの原点」では原点、自分の価値観が確認できました。少年野球での自分の立ち位置を考えると、子供の頃からプレーヤーよりもマネジメント志向があったのだ、と気づきました。これによって漠然と考えていた「人事」の道がはっきりしました。大きな転機でした。人を育て、生産性を挙げて会社が成長するための仕組みをつくる仕事をしたいのだと再確認できました。
知命塾はキャリアのステップアップを目指す目的を持った人達の集まりです。彼らから、そして講師陣の客観的なアドバイスと豊富なツール群がとても有効でした。一人では明確にはできなかったと思います。

つづきを読む

■ 医療・介護業界から専門商社へ  Cさん

Cさんは45歳、新卒後に医療・介護の会社に入社、22年在職。内12年販売推進、3年営業、7年商品企画に従事してきました。会社の体制が次第に保守的になり、よりチャンレンジができるキャリアを求めて転職をお考えになり、知命塾に参加されました。
今回、知命塾と当社の職業紹介システムを経て自転車関連やスポーツ用品などを中心に扱う専門商社に転職をされました。

— なぜ知命塾を受講しようと思われたのですか?

転職を考える場合、「眼の前の就職をどうするか」にばかり意識が行っていました。ところが無料セミナーに出た時に「働くことと、人生をどう生きるかは不可分」「働く人生のゴールから考えるべき」「そこに向かっての次の一歩としての転職先」というバックキャストの考え方に触れ、目からウロコでした。確かに自分のやり甲斐や発揮できる力をもとに、自分が目指すべき仕事や働く姿は何かを考えなければ、失敗しかねません。時間を掛けてでもしっかりこれを考えたことがとてもよかった。塾で書き上げた「ライフキャリアマップ」はいつも持ち歩いています。
 
— 知命塾のプログラムで特に印象に残ったことは?

ワークを通じて塾生仲間から指摘される私の能力や志向性についての客観的意見、キャリアプランについてのアドバイスがとても有効でした。塾生仲間とは今でも時々会ってアドバイスをし合っています。自分で自分のことはわかりません。客観的をしてもらうことがこんなに重要だとは思いませんでした。これを通じて「自分の強み」を引出し合うのですが、自分では気づかない発見がたくさんありました。そうして一旦自分の強みや志向性の要素を出すことで発想を拡散するので、キャリアを考える可能性の幅がぐっと広がりました。自分の仕事上の強みや価値、そして志向性を確認する「CAN」のワークによって、間違いなく可能性を拡大できました。仕事の強みを見る「大人のCAN」では過去の経歴ではなく、培った本当の力と深掘り再確認ができました。志向性を観る「CANの原点」では原点、自分の価値観が確認できました。たとえ少年の頃は野球に熱中したのですが、子供の頃からプレーの結果以上に過程を大切にする傾向があると気づきました。それはこれまでの仕事にも通じていて、自分や周囲の人の価値観を大切にして物事を進めてきました。
大きな転機でした。人を育て、生産性を挙げて会社が成長するための仕組みをつくる仕事をしたいのだと再確認できました。
自分ひとりだけで考えていたら履歴書経歴書の書き方だけにこだわっていたと思うけれど、それ以前に働く価値観、継続するためには…ということを仲間と一緒に確認しながら確たる物にできたことが良かったです。

つづきを読む

  • 外資音響メーカーからWEB制作会社へ  Tさん(女性)

    知命塾参加動機:日本法人の規模縮小に伴い早期退職パッケージをとった。長くWEB担当者として従事してきたが、日本法人の規模が小さいこともあってほぼ一人での仕事が多く、チームマネジメントの経験も無かった。今までのような企業のWEB担当者としての職を求めるのか、それとも新たな道に挑戦をするのかを考えなければならない。とは言え、自分の力が外の世界で活かせるのかも自信がなく不安を抱いていた。

    つづきを読む

  • 人材業界から旅行業界へ  Gさん(男性)

    知命塾参加動機:50歳を機に新たなキャリアを積みたいと、自分の可能性を探るために参加。
    知命塾での発見:自然・アウトドア志向・コミュニケーションが自分の原点にあると確認。スキルとして身につけたカウンセリング能力・コーチング能力をもとに、自然を舞台にした学びの場を提供することを目標とした。
    現在:その実現にむけての準備段階として会社を設立、まずは業務で身につけたコンサルティング業務を手がけながら、夢の実現を目指している。

  • アジアとの懸け橋になる仕事を求めて  Mさん(男性)

    知命塾参加動機:中国を中心に海外法人で活躍してきたが、56歳以降日本国内で海外取引のバックアップ業務に従事。新しい別の展開を求めて知命塾に参加。
    知命塾での発見:自分の喜びは、やはり海外取引の現場にあると確認。知命塾で、履歴書では表現をしきれない経験・能力をアピールできる採用面談戦略を練り、中小企業へ転職。
    現在:転職後は海外営業を担当し、中国・アジアを中心にプロジェクト戦略にも参画。今後の輸出売上拡大を目指し、充実した日々を送っている。

  • 電機メーカーから広告業界へ  Mさん(男性)

    知命塾参加動機:役職定年を機に新たな可能性を探ろうと知命塾に参加。
    知命塾での発見:当初は、電気業界での転職を漠然と考えていた。しかし、原点CANでクリエイティブ志向・おもちゃなどのものづくり志向を再発見、大人のCANでデザインマネジメント、プロジェクト管理などの能力を確認。
    現在:広告業界で店頭POPなどを手がけるセールスプロモーションの会社に、デザインとエレクトロニクスを掛け合わせた新たなセールスプロモーション手法の開発プロジェクトの一員として転進。