相手を知る〜企業が求める人材になる〜

相手を知る〜企業が求める人材になる〜

転職活動などキャリア転進を進める際、どんな活動をしているだろうか。
求人広告や、エージェントから送られてくる求人情報に記載されている募集職種をみて、自分の経験してきた業界や職種と同じか近ければ、次に待遇や勤務地など条件を確認、許容範囲であれば履歴書を送って応募する。多くの場合、こんな感じではないか。

しかし、それでは募集をかけるか側から見れば、何も訴えかけて来ないに近い。
当然のことながら、求人企業は自社の成長に貢献する人材を求めている。
つまり、採用の判断基準は「貢献してくれそうな人物か」どうかにある。
そこに訴えかけることができているだろうか?

逆の視点から言えば、「自分が貢献できそうな部分はどこか」を知り、考え、売り込んでいくべきということだ。
そのためには相手企業の研究をしっかりし、成長のために必要な課題を把握していることが必要だ。

さて、ではみなさんは、応募する企業の研究をどこまでしているだろうか。
インターネットで検索をして、会社のホームページを見ることはするだろう。
しかし、大手企業でもない限り、ホームページの情報が必ずしも充実しているとは限らない。そんな時はどうする? 情報がないからと諦めて、あとは求人票の条件に自分を合わせて面接に臨んでいないだろうか。

会社を見に行くのもいい。外からだけでも見ると見ないでは大違いだ。
たとえば当舎の講師はコンサルタント時代、生の声を聞くために、クライアント企業の社員が行きつけにしている居酒屋を調べ、社員の話に耳をそばだてたこともある。酒の席でこそ本音が聞こえて、公式には見えてこないその会社の別の一面が見えてくるからだ。
このほかにも、企業を研究する手段はまだまだある。ホームページだけではわからない情報から企業の課題を見つけ、自分を売り込むポイントを発見する。それがライバルとの差をつける。

一番いいのは、その会社の社員や経営者と直接話し、取材する機会を見つけることだ。これはハードルが高いかもしれない。
私たちの塾には、ミドルからの経験豊富な人材を求める経営者の方が講演にくる。
実は、経営者も採用候補者になりうる方との直接の出会いを求めているのだ。しかし、いまの転職市場ではなかなか叶わない。
私たちは志ある求職者の方々と、それを求める経営者の出会いの場を作りたいと思っている。