ミドルシニアの採用面接の受け方

今回は面接のお話です。
ミドルシニアにとって転職するということを考えた場合、書類選考を突破するというところに大きな壁があります。そんな壁を乗り越えて、面接にたどり着いた、特に中小企業の社長が会ってくれるとなったのに、そこで取りこぼしてしまうのは非常にもったいないと思っています。そうならないために、必要なことをお伝えしたいと思います。

ミドルシニアの面接は受け身の準備ではダメ

私たちは面接に同席させていただくようにしていますが、面接を聞いていると比較的準備不足で臨んでいる方が多いように感じます。その場合の結果は当然のことながら芳しくないことがほとんどです。そうした方々に限って、面接後に一緒に帰る道すがら「あんな風に興味を持っていただけないなら、なぜ自分に会ってくれたんでしょうね?」「興味がないのであれば、別に呼ばなくてもよかったんじゃないですかね?」といった感想を漏らす方が多いです。

本当に興味がなければ、企業側も会いません。経営者の方々も暇ではありませんので、興味のない人に会う時間などあろうはずがありません。したがって、相手が自分に興味がないのではなく、自分が相手の興味を引けなかったのです。こういう方は、面接を受け身の場として捉えているように思います。相手の質問に答える場、相手は自分にものすごく興味を持ってくれていて、採用する気満々でプラスのことをたくさん聞いてくれる、採用の方向で質問をしてくれる、そんな場だと捉えているのではないかと思います。したがって、受け身の準備で臨まれるのだろうと推察します。

経営者の立場

では、採用する経営者の立場を考えてみましょう。
人を一人採用するというのは経営者にとっては非常に大きな意思決定になるわけです。したがって、経営者も不安なのです。
特に大企業で部長をやっていましたとか、管理職をやっていましたといった方が、中小企業に面接に来られるような場合は、経営者も不安になります。
この人は、どこまで本気なのだろう、本当にうちの会社に来たいと思っているのだろうか、他に行くところがなくてどうしようもなく、うちの会社で我慢しておくかという感じで来ているのではないだろうか、などと考えてしまいがちなのです。ですので、経営者はこの人はうちの会社に本気で入りたいと思っているかどうかを気にしているのです。

まずはカタチから

経営者は本気度を見たいわけですから、面接を受ける人はすべての面で本気なんだというところを見せていく必要があります。
例えば面接に臨む際の身だしなみ一つとってもそうです。よれよれの格好で臨む人に本気度を感じるでしょうか。本当に自分たちから評価されたいと思って来ているのかと疑問に思ってしまいますよね。話し方や表情だってそうです。時間を守ったかどうかももちろんですし、社内で会った若い社員たちへの挨拶なども気にしたりしているのです。

きちんとした経営者であればあるほど、礼節を持って面接に臨まれる方が多いので、相手が緊張しないように気配りをされる方が多いです。しかしながら、その気配りに甘えすぎるのはよくありません。仮に入社した後にはボスになる方であり、友達ではありませんので、ボスに対してどういう態度で接するのか、経営者は冷静に見ているわけです。

話す中身はもちろん大事

当たり前ですが、面接でどんな話をするかは大事です。まず、自己紹介。ここで、しっかりと相手への関心の高さと熱意を示すことが必要です。そのためには相手に関する情報収集が不可欠です。間にエージェントが入っているという案件であれば、エージェントからしっかりと情報収集をする。Webで調べられることはWebで調べておく。その会社のことあるいはその会社がいる業界、あるいは業界を取り巻く状況、それからどういうところが強みでどういうところが弱みなのか、どういう方向に進もうとしているのかなども得られる範囲の情報はきちんと得る。

そのうえでご自身がいったい何が出来るのか、あるいは何がしたいのかということをしっかり話すということが大切になります。自己紹介が、あまり長くなりすぎるといけないので、長からず、短からず、2-3分でまとめるのがよいのではないでしょうか。そのためには一度リハーサルしておいた方が望ましいです。細かいことは後で質問されることになると思いますので、そこまできちんと出来ていればそのお話が起点となって会話が進んでいくことになります。あとはその会話の中で相手の期待にどう応えられるかを、自分の経験を裏づけにしながらしっかり答えられる準備をしておくのです。そのためには今まで自分がやってきたことをしっかりたな卸しして掘り下げておく必要があります。そして、それがその会社のどこでどういう風に役立つのかというのをエピソードと紐付けて整理しておくということが大事です。

そうした準備ができていれば良い面接になるのではないでしょうか。

質問をしましょう

最後に質問は必ずするようにしましょう。これは、相手に対する高い関心と本気度を伝える非常に重要なものとなります。
面接が終わった後、経営者から「あの方質問出なかったね」と言われるケースが結構あります。したがって、質問は相手に対する興味を示すという上で大事になるのです。
質問内容は、プロフェッショナルですから待遇面の確認だとややさびしいものがあります。相手の事業面に対する興味あるいはその事業と自分を結びつけるための質問、そのあたりの質問をいくつか考えておく必要があります。もちろん事前に下調べをしているという前提なので、調べてわかることではなく、調べた上でどこが知りたいのかということを聞くことが大事です。
一つだけですと途中で社長が話してしまう可能性もあるので、三つ四つ考えておくと安心でしょう。

ぜひ、しっかりと準備をしていただいて取りこぼしのない面接、悔いのない面接をしていただきたいと思います。みなさんがんばってください。

知命塾はミドルシニアの転職をしっかりサポート

ミドルシニアの転職は若い人に比べて難易度が高いのは事実です。
一方で会社の成長を促進してくれるプロフェッショナルを欲している企業が多数あるのも事実です。

知命塾は、みなさんのプロとしての強みを明確にして、表現できるようにするため、職務経歴書の充実を図ることができ、面接でご自身を語るストーリーとボキャブラリーを増やすことができます。転職活動をされている方に非常にとって役立つプログラムとなっています。
しっかりサポートいたしますので、ぜひ、ご活用ください。