キャンプで始まる知命塾

キャンプで始まる知命塾

知命塾9期は、7月16日にスタートアップキャンプで幕を切りました。
キャンプの初日には、芝大神宮での無病息災を祈願しており、この日も私が代表で参りました。

集合時間に集まった塾生は一様に緊張の面持ちです。
もちろん初対面の人がほとんど、しかもまだ自己紹介も禁じられているのですから誰も口を開きません。
ここから、二日間で塾生が遂げる変貌が、実に見事です。

開講すると様々なイベント(ワーク)を行います。
詳しくは塾関係者以外にはオープンにできないのですが、緊張を解くため、神経を研ぎ澄ますため、不安を課題に変えるため、クラスとしての一体感を醸成するために工夫を凝らしています。
ランチも夜の懇親会も、ただ食べたり飲んだりというわけにはいきません。
体を動かすワーク、頭を働かせるワーク、毛筆で漢字を一文字書くワークで二日間のキャンプを打ち上げます。
社会人材学舎®にはもうこの「一文字」の色紙が三百数十枚溜まってきました。
並べると壮観です。

そして二日間を終えた塾生は、誰もが明るい表情で、談笑しながら、帰路につくのです。
「不安」を「希望」に変えて…