需要が増すキャリア採用。転職時期と優良企業を見つける為の着眼点

中途採用の求人が増えるのは、一般的に2月、3月と、9月から11月と言われています。

理由としては「採用計画を達成するための未達分の補充」「退職者の欠員補充」などが考えられます。特に、今は新卒採用が過去最高の売り手市場であり、特に大手以外の企業は新卒採用に苦慮しているので、その分を中途採用で補おうとしている動きも活発です。

転職は求人の需給バランスで成り立つ

転職は求人の需給バランスで成り立つ

一方、転職希望者が活発に動く時期は、2月、3月と、9月、10月です。こちらも、「年度末や期末の切りのよい時期に退職」「賞与をもらってから退職」といった意図で活動していることが推察されます。つまり、企業からの求人が増える時期と、求職者が積極的に動く時期は、ほぼ一致しているといえます。このことから、以下の2つのことが言えるでしょう。

「求人案件が多い = いい案件がある」ではない?

求人案件数が多い時期に活動すると、応募先の選択肢は広がる。ただ、応募者も増えているので、魅力的な案件は当然競争率も高くなる。求人案件の少ない時期は、応募先の選択肢は少ない。しかし、魅力的な案件に出会い、かつ応募要件に当てはまっていれば、選考プロセスに乗れる確率が若干高くになることも。

求人案件が多く出る時期に、「いい案件」がたくさん出るとは限りません。中には、「年度末の求人は、元々の採用計画未達を補おうとしているもので、要するに人が集まらない案件」だという人もいます。全てがそうとは限りませんが、私個人的には、転職は「縁」だと思っています。いい縁はいつ舞い込むかわからないものですが、普段からアンテナを張って、いい縁を手繰り寄せられるよう、いつでも準備万端な状態にしていれば、時期に寄らずいい話が来ると思います。

企業側が求人を控えるケースも

ちなみに企業サイドから見た、中途採用を控える時期もあります。こちらは4月~6月くらいまでの間が多いと言われています。これは、4月以降は新卒の入社対応や、次年度新卒採用準備で人事部門が繁忙期となり、それが落ち着くまでは中途採用活動を中断したり、セーブする動きがあるためです。

特に近年は、大手企業の新卒就職活動の解禁時期に変動があるため、大手以外の企業は新卒採用活動の集中時期を定められない状況にあります。すると、どうしても中途採用の時期がずれ込むこともあります。自分が希望する時期に転職したいと考える方は、こうした状況も視野に入れて計画を立てるとよいでしょう。

かくれ「いい企業」に転職するのは今がチャンス?!

かくれ「いい企業」に転職するのは今がチャンス?!

昨年に引き続き売り手市場の新卒採用は、エントリーから選考開始までが3ヶ月間という短期間にもかかわらず、学生のほうは「準備万端派」と「のんびり派」が二極化しているというニュースも流れてきております。そのため、企業の人事サイドは、採用したいと思う人材の確保に必死になっています。そんな中、キャリア採用の現場はどうなのでしょうか。

優秀な人材の獲得に大手企業も大苦戦

中途採用は2~3月と、9~11月求人数が増える時期です。しかし、上述したとおり、今は大手企業でも優秀な新卒候補者を囲い込むために、かなり苦戦しております。ましてや、中小・中堅の新卒採用となると、大企業の活動が一段落してからでないと、ある程度の見通しが立たないので、採用したい人材の絞り込みについては更に難易度が高まります。中堅・中小企業の人事担当者の中には、「入社する4月のギリギリ直前まで」といった覚悟を決めている人もいるほどです。

キャリア採用に力を入れる中堅・中小企業

そうした中、一部の中堅・中小企業の中には、本来新卒枠として予定していた採用枠を、早くからキャリア採用枠に切り替え始めているところも出ております。大手の動きが落ち着かないと採用を見極められない新卒よりも、より確実性の高いキャリア採用のほうが、採用計画も立てやすいというものです。

具体的には、第2新卒世代の20代中盤を筆頭に、30代半ばくらいまでの人材をメインターゲットにする企業が増え始めています。また、人材不足を補うために、30代後半から40代後半の層へ対象を広げてきている企業も出てきています。2017年には、森下仁丹が「第四新卒募集」と銘打って、大々的にミドルシニアの採用広告を出しました。他にも、成長著しい企業では、実力があれば年齢なんて関係ない、というところもあります。

年々需要が増すキャリア採用

つまり、これまで新卒向けに枠を確保していた企業が、新たな採用ターゲットとして、間口を広げ始めています。その中には、大企業ほどの知名度はないものの、事業内容に魅力があったり、将来性があるものも多々あります。ですから、今後、キャリア採用情報等をこまめにチェックしておくと、これまで知らなかった企業の求人情報に遭遇できるかもしれません。

もちろん、転職するからには、相手先企業に「この人、採用したい!」と思ってもらえるよう、自分の市場価値を高めておく必要があります。これを怠ると、いくら応募しても「お祈りメール」ばっかりもらい(※「お祈りメール」とは、企業からの不採用通知のこと)、だんだん焦ってくるという悪循環になります。

魅力ある企業を見つけるには?

魅力ある企業を見つけるには?

転職活動をしている方で、「なかなか興味を持てる企業に巡り合えない」という悩みを持っていう方も多いと思います。転職サイトで条件検索しても、いつも同じような企業しかなかったり、エージェントから紹介される企業も、イマイチ特長がわからなかったり…。

今回は「魅力ある企業の見つけ方」について、あれこれお話ししてみたいと思います。その前に、皆さんにとって「魅力ある企業」ってどんな企業なのでしょうか。これはもう、人それぞれです。高い報酬を出してくれるところ、福利厚生が充実しているところなどもそうだと思いますが、今回については「企業の事業内容がおもしろく、将来性があるところ」と定義して、話を進めます。

優良企業はPR下手?

企業PRの露出度が高い企業については、皆さんもある程度、その企業について理解し、イメージを描けると思います。しかし、世の中は圧倒的に中小規模の企業が多いわけで、当然のことながら皆さんが知らない企業がたくさんあります。そして、これは私がエージェントの仕事をしてつくづく思うのですが、実は中小規模の企業は、その大多数が残念ながら「PR下手」です。

そういうと、中小企業の経営者や人事、広報の担当者から「うちは大企業じゃないんだから、そういうところと同等にPRにコストなんかかけられないんだよ」とお叱りを受けそうです。しかし、コストをかけてPRすればいいというものではありません。それよりも私が申し上げたいのは、企業としての魅力が十分あるのに、それを上手に伝えきれていないのがもったいない、ということです。

企業の魅力を直接感じることの大切さ

企業の魅力を直接感じることの大切さ

先日「TOHOKUなんとかすっぺ会議」を開催しました。参加した企業は、正直なところ、誰しもが知っているという有名企業というわけではありませんでした。しかし、それぞれの経営者や人事責任者が自社のことを語ると、「いやあ、こんな面白い会社、知らなかった!」「こんな仕事、やってみたい!」と思える企業続出。参加者の目もみるみるうちに変わっていきました。そして実際にエントリーにつながったり、興味があるからもっと話を聞いてみたい、というケースも出てきました。

企業の魅力は、基本的には企業ホームページや会社案内などから汲み取れるものだとは思うのですが、残念ながらデザインや見せ方、情報量などによって、伝わり方に差が出てしまうことも多々あります。例えば極端な話、事業内容にそんなに魅力がなくても、動画やデザインを駆使してかっこいいホームページだと、なんだかその企業が等身大以上によく見えてしまったり、またその逆もしかり…。私は、企業の魅力を知るための第一歩は、その企業の経営者の話を聞くことだと思います。

企業の魅力は経営者が語る

企業の魅力は経営者が語る

その企業の将来や夢について一番深く考えているのは、その企業の経営者です。求人情報や人事が語る企業の話は、仕事の内容そのものだったり、企業概要が殆どです。でも経営者は、企業の将来像を語ります。その企業をどんな風にしていきたいのか、それを実現することで社会にどんなことを還元したいと思うのか。経営者が語る「企業の話」とは、こういう性質のものです。とはいえ、なかなか企業経営者の話を直接聞くことは難しいですよね。

一番いいのは、経営者が話す場に足を運ぶことですが、それが難しい方は、例えば「〇〇大賞」などといったアワードを受賞している企業を検索して、その企業の経営者のインタビュー記事を読むなど、企業ホームページや採用情報以外のところから、積極的に情報を集めてはいかがでしょうか。これまで知らかかったものの、「こんな企業があったなんて知らなかった!」と思える出会いがあるかもしれません。

まとめ

なお、私たちエージェントの重要な役割の一つとして、そうした「魅力ある企業」の「埋もれた魅力」をわかりやすく求職者の皆様に明示することだと思っています。雇用条件や企業概要だけではなく、何がその企業の魅力なのか、それを企業になり代わって伝えていけるよう、これからも努力し続けます。