【講師所感】40代・50代が転職先で陥りがちなこと

【講師所感】40代・50代が転職先で陥りがちなこと

40代・50代の転職の現状

大手エグゼクティブエージェントの方からお話を聴く機会がありました。

「40代・50代を採用しようという企業も増えてはいますが、それ以上に求職者が増えているので、求職者の供給過剰の感がある。数は増えているので、活気が出ている感じはするが求職者側から見ると決して楽な状況ではない。」
「結局、決まる人は何社からもオファーがあり、決まりにくい人はなかなか決まらないということ。」

40代・50代に求められる人物像

また別の日、40代・50代の採用実績も数多くある、食品・飲食でデパート等に約10店舗を展開している会社の経営者の方にお話を聴く機会もあったので、40代・50代で採用したいと思う人とそうでない人は何が違うのか聞いてみました。

社長曰く、自分で起業するような感覚があるかどうかが大事とのことでした。

「自分の給与とかかったコストに加え、多少なりとも会社に利益を置いていく、そんな感覚を持って当社で何かをやりたいと考えている求職者であれば話を聞いてみよう思う。
うちは大企業ではないので、自分が手を動かさないというのはない。コンサルタントのように口だけ動かされても困る。この辺を理屈では分かっているが実際に実行できる人は本当に少ない。」

また、心がけとして「謙虚、威張らず、分を守る」を持っていると良いとのことでした。

「年が上で、以前の職場では経営層や管理職だったのかもしれないが、新たな組織に入れば新人ということになる。立場が変わったということを理解し行動しないといけない。若手に対しても同じ。」

「サービスや製造の現場は、いろいろなバックボーンの人がいる。大企業のように大卒・ホワイトカラーだけというわけではない。こういったところでは、口で言っただけでは伝わらない。口だけで自分が動かないというような、上から目線の人(と受け取られてしまう)が何を言っても通じない。ミドル・シニアがダメかというとそうではない。それなりの人の周りにはちゃんと人が集まる。」

これについては一例を上げてもらいました。

「当社では、大企業で役員までやった方が、現在70歳を過ぎて営業をやってくれている。営業としてもバリバリだが、それだけでなく、事あるごとに若手を誘って飲みに行き、そこで教育をしてくれている。決して上から目線ではなく、自分も同じことをやって成果を出しているし、決して偉ぶらないので若手も喜んで話を聴きたがる。何かあるたびに『○○さん、○○さん』と頼りにされている。こういう方には年齢関係なくそれなりのポジションを任せるし、いつまでもいてもらいたいと思う。」

40代・50代が転職の際に気をつけるべきこと

安定期に入っている大企業と、成長中の中堅中小企業は同じ業種であっても、企業の状況や課題、そこでの働き方は全く異なります。
当社へ寄せられるご相談の一部には、この違いを「頭では分かっているが、行動として表現できない」ことが一因となっている場合がまま見受けられます。これをクリアするために、次のような考え方をお伝えしています。

  • 過去のポジションや待遇は一回忘れて、その会社で何ができるのか。それは自分の給与と見合っているのかを客観的に考える必要があります。
  • 事業を起こし継続させることは簡単なことではありません。それを成し遂げている経営者や現場のメンバーに対し、経歴や年齢関係なく、尊敬の念を持つことが大切です。

たとえ正論だとしても、自分は手を動かさず口だけ出すような人の言うことに耳を貸してくれる人は多くはありません。自分も一緒に汗をかき、そのうえで改革改善の提案をすれば、信頼関係を築きつつ成果につながるといった好循環ができてくるはずです。結果として、年令に関係なく、本人が希望する限り働き続けることも可能になっていきます。

このような働き方を実現していくためには、自分には何ができるかをはっきりさせるとともに、そもそも自分はどんなところで・どんな仕事をするのが幸せなのかイメージしておくことが大切です。
転職に際しては、“常識”という言葉に象徴されるような既存の価値感ではなく、ご自分だけの価値観を突き詰めて、転職エージェントや採用先企業に伝えることができるように、ぜひ一度考えてみることをお薦めします。

(文責・安藤)