自分をアップデートしていますか?

自分をアップデートしていますか?

私が使っているスマートフォンやPCには、結構頻繁にOSアップデートが案内される。二ヶ月に一度ぐらいは、何らかの無料アップデートがある印象だ。不具合や、求められる機能に対して常に対応をしようとしている結果だろう。
私たちユーザーは、この無料アップデートを当たり前のこととして受け取っている。もしこのアップデートを怠ったら、ユーザーは離れていくのだろう。変化や進化に対して対応し続ける…それは何もOSの世界に限らず当たり前のことだ。あらゆる生物は自然界の大きな変化に適応してきたからこそ生き残っている。

ところが「キャリア」のこととなると、環境の変化に対応して変化するという発想が急に乏しくなる。それどころか、なるべく変化しないで済まそうとする様さえ見受けられる。
特に入社以来大きな組織で働いてきた人に顕著だ。なんとか、これまでの20年30年で培ってきた過去の経歴だけで生きていこうとする。
でもそれは無理な話。働く人生が60歳で終われる時代は、それでもギリギリセーフ! だったのかもしれないけれど、今や殆どの人が60歳以降も働き続けようとする時代だ。現在50歳の人が70歳まで働き続けようとするならあと20年ある。20年もあれば社会の環境や技術、人の価値観は大きく変わる。そんな中で、過去の仕事の遺産だけで活躍し続けるのは、かなり困難なことだ。

周りを見回してほしい。過去20年でなくなった仕事、会社の看板は変わらないけれど提供するサービスがすっかり変わってしまった会社は沢山ある。

会社の中にいようと外にキャリアを求めようと、常に変化を感じ対応し続けようとすることが、今まで以上に大切だ。高齢化、グローバル化と保護主義の台頭、社会変化のスピードはどんどん早くなっている。そんな環境に個人はどう対応をしたら良いか、会社はそこまでは教えてくれない。自分で考えるしか無い。
いつまでも長く、いきいきと働くためには自分に投資をし、自分を知り、学び続けることが必要だ。