修了式

修了式

9月10日、知命塾8期の修了式を行いました。

修了式とは言うものの、それはあくまでカリキュラムの修了を意味するだけでこれからも長いお付き合いは続きます。
ですが4月17日にスタートして以来、4か月半以上にわたりしょっちゅう顔を合わせていた仲間が勢ぞろいすることは今後なかなか望めず、ひとつの節目ではあります。

春に始まった8期は本当に暑い季節を共有した仲間、そのせいかエネルギーに満ち溢れ活発な活動を続けてきた同期です。
修了式を終えると恒例の謝恩会ですが、7期に続き8期も学舎にケータリングで料理を用意しての宴となりました。

そこにサプライズのプレゼンテーションが用意されていました。
ミランダさんから全員へのメッセージが織り込まれたプレゼンは笑いを誘い、ちょっとしんみりさせられ、いろいろと考えさせられるとても思い出深いものとなりました。

「知命塾」は、志を見つけ覚悟を決めて歩き出す力を得る場所ですが、何よりも大きな収穫は大切な仲間を得たこと、これに尽きるのかもしれません。
ひとつひとつのエピソードはいつか想い出になるものなのでしょうが、その場に確かに存在したという「証」は生涯消えることはありません。