内定祝勝会

内定祝勝会

知命塾8期の授業は挑戦のフェーズに入っています。
挑戦のフェーズはそれぞれの塾生がターゲットとする企業に対し、自分がどのように貢献できるかをアピールするプロポーザル(プレゼンテーションと言っても良い)を中心としたゼミ方式の授業になっています。
お互いに厳しい指摘をし合う形なので、腰が引ける人も出てきます。
でもそれを乗り切る覚悟がないと、とても転職や企業は覚束ないのです。
そんな中、ある塾生のプロポーザルの最後にうれしい報告がありました。

「今のプロポーザルを実際の面談で話した結果、実は内定をもらいました」

この一言で、教室は拍手喝采。8期の中で初の内定者となったのですから…

その日の授業はプロポーザルが二人分しかなかったこともあり、授業をちょっと早めに切り上げて祝勝会に出かけました。
この日の乾杯はいつになく盛り上がったことは言うまでもありません。
授業が続く間に転職が決まる人が出ると、みんなを勇気づけることになります。
「あいつに続け!」てなもんです。
8期の修了式は9月10日です。
あと1か月の間に、この日のような嬉しい報告がまだあるのでしょうか?
いやきっとある!
暑い夏の日が続く中、教室はますます熱い熱気に包まれます。