noda
野田 稔
野村総合研究所、リクルートフェロー、多摩大学教授を経て、現在、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授、株式会社リクルートワークス研究所特任研究顧問。組織論、リーダーシップ論の書籍多数、テレビ・ラジオでもメインキャスターとして活躍する。人材マネジメント分野の開拓者の一人であり、培った知見から社会人材学舎を構想・創設、現在同塾長。

キャリアとはなんでしょうか?改めて考えてみたことはありますか。

私たちはキャリアを「仕事を通じて志を実現する成長プロセス」と考えています。

生きていく上で多くの時間を割く「仕事」。仕事を考えるとは、自分の生き方を考えることでもあります。自分はどんな人生を送りたいのだろう、仕事を通じてどんな貢献を社会にしたいのかと、真剣に向き合っているでしょうか?仕事に追われ、いつしか流れに身を任せっぱなしになってはいませんか?自分の人生は、自分にしか作れません。会社が一生面倒を見てくれるわけではないのです。しかし、長く組織に馴れてしまった人にとって、ひとりで人生のキャリアを考えることは簡単ではありません。それなりの技術とマインドセットが必要です。多くの人にこれが欠けています。

第一に知らなくてはならないのは、自分自身。人生の最大の謎は自分です。 自分にできることは、今の仕事だけなのか? ほかの可能性はあるのかないのか? 自分はそもそも何がしたいのか? これらの質問に、即座に明確に自信を持って答えられる人はそれほど多くはないでしょう。自分を知ることから人生を取り戻す第一歩は始まります。

さらに、自分にとって満足のいく、誇れる人生にするためには、自分と社会との関係にも目を向けなくてはなりません。人は社会的生物です。社会との関わりなくして生きることはできません。その大切な社会に対して自分がどれほどのことをなしえたかは、人生を総括する際にとても重要な要素となるでしょう。

人は、自分の力を余すところなく発揮できたと実感するときにこそ、最高の充実感を得るものです。そして一人ひとりが少しでも自分の力を社会に役立てようとすることが社会の活力を生み出します。
社会性と自己実現が合致した人材を、私たちは「社会人材」と名付けました。自分を客観視し、持てる力を再認識し、どのように活かして「社会人材」となるのか。社会人材学舎はその道を拓く「場」です。

自らの志を見つけることが大切です。
自分を知り、志を見つけ、これを果たしながら、かつ、ちゃんと生活していく。
言ってみれば、志の高いビジネスモデルをつくるようなものです。
私たち社会人材学舎は、一人ひとりに合った、『志の高いビジネスモデル』づくりのお手伝いをこれからも続けていきます。



伊藤 真
弁護士、法学館法律事務所所長、法学館憲法研究所所長、伊藤塾(法律資格の受験指導校)塾長、日本弁護士連合会憲法問題対策本部 副本部長。著書多数。 憲法の理念の根幹である「個人の尊重」を実現できる社会を目指し、幅広く活動 する。伊藤塾では、司法試験に合格するためだけの指導ではなく、憲法や法律を使って社会に貢献できる人材育成に取り組んでいる。 自身の理念の一環として社会人材学舎を構想・創設、現在同塾長。

「社会の幸福(しあわせ)の総量を増やしたい」――。
私は、これを信条としています。人は、社会の中での自分の存在価値を感じるからこそ幸せを感じるものです。幸せな社会を築くことは、私たち一人ひとりがいきいきと働くことから始まります。問い続けてください。「私が幸福を感じる瞬間とは、なんだろう」「どんな仕事ができれば、私は幸せだろうか」と。多くのビジネスマンが、自分自身を過小評価しすぎています。
「会社を出たら、自分は潰しが利かない」と。しかし、本当でしょうか。日々の仕事に追われ、自分自身を振り返ることもなく思考停止をしているだけではありませんか。誰の中にも、自分では気づかない潜在的能力が眠っています。それをしっかり見つめ直しましょう。自分の能力を伸ばしていくことに自分でブレーキを掛ける必要はありません。働くということは自分のためであり、社会のためです。
組織に依存しきるのではなく、自分自身の働き方、生き方を主体的につくっていきましょう。そのためには常に自分で考えること、学び続けることが必要です。人は、その個性を発揮できたとき、誰かのために役立てたとき、幸せを感じるのではないでしょうか。自分に何ができるのか、何をしたいのか、漠然としたまま、ただ組織に依存して終わるとしたら、もったいないと思いませんか。ミドルだから、シニアだから今更もう遅いなどと、動き出さない理由を自分でつくることはやめましょう。自分の中にある強さや力を再発見し、磨きをかけて、豊かなキャリア=人生を、あなた自身の手でつくっていってください。あなたの中には、あなた自身が思っているより、ずっと大きな可能性が眠っています。

いきいきと働く人生をめざす人たちが一人でも増えることを願っています。そして、自分の力を最大限に活かし、主体的に幸せを追求しようとする人をひとりでも多くお手伝いしたいと思っています。


(五十音順)

  • ando安藤 功
    あんどう いさお
    一般社団法人 社会人材学舎 理事
    社会人材学舎講師(知命塾・経産省委託事業等講師)
    講師・インストラクター歴、企業内研修5年・学舎内研修2年
    相模女子大学非常勤講師、山野美容芸術短期大学非常勤講師
    キャリアカウンセラー(特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会認定CDA)
    ケースメソッド・インストラクター(慶應義塾大学ビジネススクール認定)
  • 小澤 松彦
    おざわ まつひこ
    一般社団法人 社会人材学舎 理事
    社会人材学舎専任講師(知命塾・経産省委託事業等講師)
    講師・インストラクター歴、企業内研修5年・学舎内研修2年
    大手広告会社で営業、広報、総務などのマネジメントに従事。危機管理対応の啓発と実践まで幅広い領域に対応。グループ約1万人に向けた研修の企画・運営の中心となり、講師として登壇経験も豊富。
    「あなたは今の仕事をするためだけに生まれてきたのですか」企画・編集
  • 白石 久喜
    しらいし ひさき
    株式会社 社会人材研究所 代表取締役所長/一般社団法人 社会人材学舎理事
    社会人材学舎講師(知命塾等講師)・調査研究・開発担当
    警察大学校新任警部補向けマネジメント講座講師(2010~2013)
    元リクルートワークス研究所主任研究員
    ・専門領域、人的資源管理論、組織論、知的資本経営
    ・著書『正社員時代の終焉』「第4章」(2006年、日経BP社刊)
  • 田中 尚雅
    たなか なおまさ
    一般社団法人 社会人材学舎 理事
    社会人材学舎専任講師(知命塾・経産省委託事業等講師)
    講師・インストラクター歴、企業内研修4年・学舎内研修2年
    日本テレビ放送網で「ズームイン!!朝!」のプロデューサー、人事部門などに従事。東京ヴェルディ取締役強化本部長、日本テレビサービス常務取締役に従事。
    .
  • 宮島 忠文
    みやじま ただふみ
    一般社団法人 社会人材学舎代表理事/株式会社 社会人材コミュニケーションズ 代表取締役CEO社長
    教育カリキュラム開発・講師等教育事業に17年従事。
    MBA・中小企業診断士
    中堅・中小企業の新規事業立上・事業再生・業務改革から生産ライン設計・システム設計に携わり、経営から現場までの幅広い業務経験がある。
    .